『人新世の「資本論」』の第一刷り日付は2020年9月22日となっています。
またアマゾンで見る限り、タイトル冒頭に「ベストセラー」のサインらしきものがついています。意味合いとしては、「集英社新書」カテゴリ内限定の意味のようです。あと、特徴的なことは発売後二年を経過したのに、ユーズドなのに新品より高値で出品されているショップが結構見受けられます。
また、久々にメルカリをのぞいてみたらユーズドは、取り扱い無しの売り切れ状態。当店はと言えば、今年に入って二件の扱いがありました。

版元のページを参照してみたら、現在15刷り。
手元に同書があって版を参照すると「3月9日第九刷り」です。半年程度の間に6回も版を重ねています。
人新世の「資本論」 – 集英社新書

話題の書だけに、アマゾンのレビュー欄も好意的な評価のある反面、長文にわたる否定的な評価も結構あります。