本日はYou Tubeでたまたま遭遇した「朝日のようにさわやかに」(アル・コーン、ズート・シムズ)です。


スウィンギーでウォームなノリの良さが印象的です。
ズート・シムズとアル・コーンはウディ・ハーマン楽団に在籍。テナーのスタン・ゲッツ、バリトンのサージ・チャロフらと共に名声を博していました。この二人は、1956年の退団後も機会があればステージを共にし、“アル&ズート”として人気を集めました。このレコードは彼らが1974年晩秋に北欧を訪れた際、スウェーデンの最南端に位置するマルメで行われたコンサートの録音とのこと。メンバーはアル・コーン(ts)とズート・シムズ(ts, ss)。ほか、ホレス・パーラン(p)、フーゴ・ラスムセン(b)、アレックス・リール(ds)の編成。

アル・コーン( 1925年11月24日 ~ 1988年2月15日 )は、アメリカのジャズ・サクソフォン奏者で作曲家・編曲家。ズート・シムズ(1925年10月29日 – 1985年3月23日 )は、アメリカ合衆国のジャズ・サクソフォーン奏者。